So-net無料ブログ作成
検索選択
映画/DVD ブログトップ

レミーのおいしいレストラン=*^-^*=♪ [映画/DVD]

[映画]レミーのおいしいレストランをDVDで観ました[CD]


ネズミのレミーは天才的な嗅覚と味覚を持っていて、いつの日かシェフになることを夢見ていました。もちろん、それが叶わぬ夢なのですが・・・。しかしある日、家族とはぐれてしまったレミーの前に、彼が最も尊敬する亡き天才シェフ、グストーのゴーストが現れるのです。グストーはレミーを、パリにある自分が経営していたレストランにまで導くのです。ちょうどその頃、グストーの店では、シェフ見習いのリングイニがヘマをしてスープを台無しにしていました。その様子を見ていたレミーは、思わずキッチンに潜り込んで見事にスープを作り直すのでが、それをリングイニに目撃されてしまいます。

レミーのおいしいレストラン1.jpg

料理の才能がないことを自覚していたリングイニは、レミーを帽子の中に隠して、彼の指示通りに料理することを思いつきます。こうしてレミーとリングイニのコンビの料理はパリのグルメたちを魅了し始めるのですが、陰険な料理長のスキナーは、リングイニに疑いの目を向けていました。

レミーのおいしいレストラン.jpg

やがてリングイニは同僚の女性コレットと恋に落ち、高まる店の評判とは逆に、リングイニとレミーの仲は次第にぎくしゃくしていきます。やがてリングイニの心ない言葉に傷ついたレミーは店を飛び出すのですが、反省したリングイニのもとにまた戻ってくるのでした。
そして店には、かつてグストーを酷評した辛口評論家のイーゴがやってくることに・・・。

まぁ、どちらかというと、ネズミが苦手なのでちょっと避けていたのですが・・・・・・。
レンタル店に行くたびに主人がプッシュしてくるので、今回見てみることにしました( *´艸`)フフフ

『ネズミ』ということは考えずに、
友情の美しさをこの映画で、確認しました[るんるん]
主人が強くプッシュしていた理由はわからないのですが、本人いわく、『料理系の映画が好きなのかなぁ』とか言ってました(・m・ )クスッ
そうだと思います・・・・・。今回もう1つ借りてきたのが『南極料理人』だったのです・・・・・・。
この映画は次回に^^
レミーにもどりますw

レミーがグストーの亡霊に導かれながら、自分の夢に向かって紆余曲折しながらも、進んでいくというのが、『レミー、よかったねぇ^^』とほっとできて、最後は全てがうまくいくという、とても見やすい映画でした[わーい(嬉しい顔)]
nice!(21)  コメント(9) 

怪盗グルーの月泥棒=*^-^*=♪ [映画/DVD]

DVD鑑賞です[CD][映画]

non_0101さんの紹介の中で、『アイス・エイジ』シリーズのプロデューサーが作り上げたアニメで、吹き替えに芦田愛菜ちゃんということもあって、観てみました。あと、『黄色い動くものたちが何とも可愛くて』というのも気になりました(・m・ )クスッ
non_0101さん=http://blog.so-net.ne.jp/non-yo-00/2010-11-23-1

[映画]怪盗グルーの月泥棒[映画]


監督   クリスティーヌ・ルノー /ピアー・コフィン/セルジオ・パブロス

ある日、エジプトの大ピラミッドが盗まれ、世界的なニュースとなるが“世紀の悪党”を目指す怪盗グルーには寝耳に水。そこで名誉挽回とばかりにグルーと彼の仲間は月を盗む計画を立てる。 計画を進めるには、養護施設で暮らすマーゴ、イディス、アグネスの三姉妹を養女に引き取り、彼女たちを利用することに。 作戦は見事成功、グルーは、後はロケットを作って月へと飛び立つだけとなった。だが、グルーが三姉妹に対し愛情が覚えてくる。 それを察した仲間のネファリオ博士が三人を施設に帰してしまう。 おかげで月泥棒は大成功。 ところが、宇宙に行っている間に三姉妹が誘拐されたことを知りグルーは、三人を取り戻すため、盗んだ月をベクターに渡そうと決意するのだが……。


001.jpg


日本語吹き替えで、笑福亭鶴瓶がグルーをw
これがなかなかマッチしてました(*'ー'*)♪
芦田愛菜ちゃんの吹き替えは、アグネスの可愛らしが一層引き立たせていました♫

やはり最後は、みんなが仲良く暮らすことになるのは、うれしぃ(✿ฺ´∀`✿ฺ)気持ちになれました♫

(゚O゚;アッ!黄色い動くものたちの動きは、愛嬌満載で満点でした( ^∇^)
nice!(15)  コメント(10) 

カールじいさんの空飛ぶ家(*´∀`*) [映画/DVD]

レンタルショップアニメコーナーに!
甥っ子が小さかった頃は、ここしか用事がなかったくらいなのに、めっきりこなくなってましたが、久しぶりに潜入[眼鏡]
すると、見たいと思っていたけど、一人で映画館で観るのを躊躇していた映画が!
それが

カールじいさんの空飛ぶ家


013[1].jpg


カールじいさんは、最愛の妻エリーを亡くしてから、小さな家でひっそりと暮らしていました。そこは、幼いときに出会ったカールとエリーの思い出が詰まった大切なお家。だが、開発地区に指定された家の周囲では大規模な工事が始まり、カールの家は、すっかり取り残された存在に。やがてカールにも立ち退きを迫られる日が・・・。大切な家や生活、全てを失いそうになったとき、彼は人生最初で最後の旅を決意するのです。その方法は、家に無数の風船をつけ、家ごと大空に飛び立つというものでした。目的地は、もちろん伝説の滝“パラダイス・フォール”。そこは子供の頃、カールがエリーといつか一緒に行こうと誓いながら、果たせなかった約束の場所でした。さらに、この旅には思わぬ同行者が・・・。それは、好奇心旺盛な少年ラッセル。こうして、カールは、空飛ぶ家で冒険の旅に出ることとなるのです。

さすが、ディズニーとピクサーの作品なだけに、風船で空を飛ぶ姿、風船の色合いが夢を与えてくれるものでした[ぴかぴか(新しい)]
013[1].jpg



始まりのところで、カールとエリーが出会いエリーとの最後の日までが映し出されますが、これがもう(≧∇≦)bイイ!!!
無声なのですが、二人の思い出が存分に詰まっていて、うるっときました(ノ_・、)

009.jpg

008.jpg

エリーが居なくなってからのカールは意固地になっていましたが、この冒険で暖かい心を取り戻したようでした。 [るんるん]

いつもお世話になっているnon_0101さんでも紹介されていますよ~^^
今回は見終わってからnon_0101さんのところに・・・・・。
すると、偶然にも始まり部分の感動が同じでした!
同じところで、感動した方まだまだたくさんいるのかもしれないです^^

non_0101さん=http://blog.so-net.ne.jp/non-yo-00/2009-11-26-1

[かわいい]non_0101さん、いつもお世話になっています(゚0゚)(。_。)ペコッ[かわいい]
nice!(18)  コメント(9) 

英国王のスピーチ✿ [映画/DVD]

DVD鑑賞です[CD][映画]
ちょうど、出かけるのを控えていたころに上映されていたものだったので、DVDで[CD]

英国王のスピーチ


監督[次項有] トム・フーパー
出演[次項有]コリン・ファース/ ジェフリーラッシュ                    ヘレナ・ボナム=カーター/ティモシー・スポール/ガイ・ピアース

ジョージ6 世は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世の次男という立場にも関わらず、人前に出ることを嫌う内気な性格で、いつも自分に自信が持てないでいました。父はそんな息子に、様々な式典のスピーチを容赦なく命じるのです。ある日、ジョージは妻のエリザベスに付き添われて、スピーチ矯正の専門家・ライオネルのもとへ。ライオネルは、診察室では私たちは平等だと宣言、王太子を愛称で呼び、ヘビースモーカーのジョージに禁煙させます。さらに、大音量の音楽が流れるヘッドホンをつけ、シェイクスピアを朗読をさせ、録音するのですが、ジョージはこの治療は自分には合わないと言い、立ち去ってしまうのです。だがクリスマス放送のスピーチを失敗したジョージは、ライオネルに渡された朗読の録音レコードを聞いて驚きます。音楽で聞こえなかった自分の声が一度もつまることなく滑らかだったからです。再びライオネルのところへ行き、その日から彼の指導のもとユニークレッスンに励むことになりました。1936年、ジョージ5世が亡くなり長男のエドワード8 世が即位します。しかし長男は恋を選び王位の座から退きます。ジョージは望まぬ座に就くのですが、大切な王位継承評議会のスピーチで大失敗してしまいます。だがジョージはライオネルの助けを借り、戴冠式のスピーチはなんとか成功。しかし、本当の王になるための真の試練はこれからだったのです。王は国民の心をひとつにするため、世紀のスピーチに挑むのです。

001.jpg


ジョージの頑張る姿、ライオネルのジョージを思いなんとかしようとする責任感、何より2人の友情に涙しました。・゚(つд<。)゚・。
この2人にも感動しましたが、妻のエリザベスのおおらかさ!
こんな性格の奥さんだったら、うちの主人も喜ぶだろうなぁと・・・・・(・・。)ゞ
(私自身もおおらかな人間になりたと思ってるんですが^^;)
003.jpg


この映画まだという方、妻エリザベスにも注目しながらの鑑賞もいいかもしれないですよ=*^-^*=♪
nice!(17)  コメント(11) 

ザ・ウォーカー [映画/DVD]

連休後半はお天気に誘われて、ぶらっとドライブしたり、お彼岸でお墓参りでお墓前でピクニックしたりと、アウトドアしてましたが、まったく写真をとってません[カメラ]
ブログを書いているのにあるまじき行動かと思ったり、思わなかったり(*'ー'*)ふふっ♪
まぁ、たまにはのんびり過ごすのもいいかとのんびりしすぎてみました=*^-^*=♪


景色などは紹介できませんが、観たDVDは紹介できます[exclamation×2]


[くつ][くつ][くつ]『ザ・ウォーカー』[足][足][足]


この映画は、あまり知らなかったのですが、non_0101さんのところで紹介されていた『デンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクションです。黙々と歩く主人公の姿をじっと見つめていました。』の下線のあるところに興味を持ちました。
準新作で出ていました[ひらめき](ということは、ゆっくり見れる(*'ー'*)ふふっ♪)
[かわいい]non_0101さん=http://blog.so-net.ne.jp/non-yo-00/2010-06-27[かわいい]


監督:アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ 
出演:デンゼル・ワシントン ゲイリー・オールドマン ミラ・クニス                          レイ・スティーヴンソン ジェニファー・ビールス 

 戦争によって文明が崩壊したアメリカ大陸。“ウォーカー”(デンゼル・ワシントン)と呼ばれる男が、一人歩き続けていた。30年間、ただひたすら西へ向かって歩いていた。やがて、カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が独裁者として君臨する街を訪れるウォーカー。カーネギーは、ある本を必死に探していた。その本に記された言葉だけが、真に人々の心を支配できるというのだ。カーネギーはウォーカーが本を持っていることに気付く。だが、ウォーカーを取り逃がしてしまう。歩き出したウォーカーの後を追うソラーラ。だが、2人は立ち寄った家で、2人を追ってきたカーネギー達の襲撃を受ける。やむなく本を差し出すウォーカーだが・・・・・。

文明崩壊後、世界に唯一残された本を運ぶ男と、それを狙う盗賊との戦いを描いたサスペンスアクションのようでした[映画]

ウォーカーが、初めは面倒に巻き込まれないように、道をそれないように、犯罪を見てみぬふりをしながら、進んでいくのですが、ソラーラを助けるために、大切な本を渡した理由が、この本に書かれている内容の本質に気がついたためだと言っていたのが印象的でした。

ウォーカーは毎晩、その大切な本を読むのです。その姿に疑問がうまれるのですが、最後まで見たときに(*▼ρ▼)”ほほぅ…と思わされるようになっているので、スッキリな気分でエンディング迎えられますwww
(最近は、なかなか真意などがつかみきれないのが多くて^^;)


お時間があって、デンゼルワシントンがお好きな方、いかがでしょうか^^




nice!(19)  コメント(15) 

マザー・ウォーター [映画/DVD]

お休み中に訪問、niceありがとうございました。
また、コメントくださったnon_0101さん、hana2011さん、なぎさ☆さんありがとうございました♫


DVDで『マザーウォーター』観てみました[映画]
監督:松本佳奈   上映:2010年12月
出演:小林聡美 小泉今日子 市川実日子 もたいまさこ 加瀬亮 永山絢斗 光石研

日々の生活の中、町の住人同士の関わりあいから、人間模様を映出していくものでした。

物語ではないようなので、の~~んびりと見るのに最適でした[exclamation] 
実は3回も再生しました><。。(のんびり気分になりすぎて(・・。)ゞ )    

はつみ(市川実日子)のお豆腐屋さんの前でベンチに座りお豆腐を食べるシーンやたかこ(小泉今日子)の家のテラスでのんびりしているシーンをみると一層ぽかぽかとのんびりした気分になれます[わーい(嬉しい顔)] 
Baidu IME_2011-9-22_16-49-41.jpg

Baidu IME_2011-9-22_16-47-36.jpg

(SSで撮っています)
     

私の、紹介では、『の~~んびり』しかわからないと思いますので、よろしかったらnonさんのところで^^; 
http://blog.so-net.ne.jp/non-yo-00/2010-12-11 



もじどおり、最初の3連休はのんびりすごしていましたが、壁|д゚)ハ!と気がつくと今年も残り100日なんですね[ひらめき] 

残りの100日は、今回みた映画のように、なんとなく、のんびり、流れるままに過ごせるといいかなぁ~   

無理ですが(-_-;)   




    
nice!(20)  コメント(9) 
映画/DVD ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。